新潟大学発の学生への就活・キャリア支援、卒業生のキャリア支援を行う新潟ベース(事務所:新潟市西区坂井738-1バルガローレ103号室|代表伊藤豪 2020年中に法人化予定)は、「新型コロナウイルスによる新潟県内学生への就活の影響調結果」第2弾を、本日リリースしましたのでお知らせします。

◼️調査背景
新型コロナウイルスに関連した感染症により、被害に遭われた皆さま、不安な日々を過ごしていらっしゃる皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
前回2/29-3/1に実施した影響調査から、1ヶ月が経ちましたが、未曾有の事態は続いております。首都圏への移動の自粛要請、首都圏での外出自粛要請により就活にどのような影響を及ぼしているのか調査いたしました。
また学生のリアルな声を可視化することで、少しでも後悔が残らないキャリア選択ができる基盤を整え、今後社会の皆様に還元していきたい
と考えております。

◼️調査概要
・調査期間:2020年4月5日(金)~2020年4月7日(月)
・調査対象:新潟県内に在住の21卒就活生(新潟大学中心、新潟県立大学、新潟薬科大学、新潟医療福祉大学、法政大学通信課程)
・有効回答数:28件
・調査方法:Web調査

新型コロナウイルスによる影響について

89.3%の就活生に影響、3月より8.3%上昇

3人に2人はマイナス影響

◼️新潟ベースからのコメント
この1ヶ月で影響はさらに拡大している。1ヶ月前のレポートと比較するとマイナス影響は横ばい、プラス影響と感じる学生が微増しているのが特徴的。企業側の対応が一部進んだこともあり、学生側もこの影響下に適応する形で対策が取れたものは、1か月前よりはプラスと感じるものもいた。

上記の影響について詳しく教えてください

◼️プラス
・Webによる就活の方がアクティブに時間を使える
・交通費・移動時間の削減
・対策に時間をかけられる

◼️マイナス(できる限りリアルな声を聞いていただきたいため多く掲載します)
・説明会が中止になった。
・直接会って面接ができない。
・行政・官公庁の説明会がなくなった。
・公共交通機関で移動しなければならず、コロナウイルスの感染拡大に寄与してしまうことへの懸念があり、あまり多くの説明会に行く気にならない
・東京で行われる説明会に行くことができず、選考に進めない。
・試験日が延期になった
・合同説明会が軒並み中止になりました。
・わざわざ東京行ったのに説明会が中止になった
・3月末の説明会が中止になりその後連絡が来ない

◼️新潟ベースからのコメント
「交通費」・「移動時間」の削減、「対策する時間が増えた」と金銭的、時間的に余裕さがプラスと捉えている学生様が増えているのが印象的。そもそも、東京就活する地方学生にとっては、20万円以上の費用コスト、移動コストがかかります。その悩みを解消されている点は社会にとってもプラス。一方で、マイナス面においては、中止、延期に関する悩みが多かった。その中でも、次の展開を提示できてない会社、今後どのように動けばいいのか、いつまで情報公開を待てばいいのか、曖昧な状況下にいる学生は不安を募らせている。

新型コロナショックを受けての就職活動における変化についてお尋ねします(複数チェックで回答いただきいました)

4人に3人が納得いくキャリア選択に支障
21卒を諦め、22卒として考える学生も出現

◼️新潟ベースからのコメント
全体的にキャリア選択する上で必要な要素不足という問題が顕著になっている。対面でのコミュニケーション量の減少、説明会やイベントなどの中止により、機会を掴めず諦めている学生もいる。
少数派にはなるが21卒も諦めて、22卒就活生として動きはじめた学生も現れた。

新型コロナウイルスの影響によりWEB選考への移行がみられます。次にWEB選考に関する質問となります

WEB説明会並びにWEB選考を受けたことがあるか?

5人に4人はWEB説明会を経験

約3人に2人はWEBでの選考を経験

◼️新潟ベースからのコメント
説明会はWEBがほぼ定着してきているが、選考のWEB経験はまだバラツキがある模様。
オンラインだけでは、オフライン選考を完全に代替することは現状難しい可能性がある。

オンラインとオフライン(現地面接)のそれぞれの長所・短所について教えてください。

オンライン

[メリット]
・移動費や時間がかからない。
・移動の時間を別の活動にあてられること、準備の手間が減る。
・慣れた環境での面接ができること。
・日程の調整が効きやすい。

[デメリット]
・会社の雰囲気を体に感じられない、立ち振舞いが分からない。
・直接会ってないため自分の魅力が伝わりきらない印象がある。なんとなく慣れない。
・面接官の人格や人柄をリアルで感じられないし、こちらもリアルでは伝えきれてない。(雰囲気とか)
・人事以外の社員を見ることができない。
・部屋の環境も気にかける必要がある。・電波が切れないか、音量は大丈夫か、などを気にかけ、集中に欠ける。
・相手の通信状況が悪く音声が乱れる、会話にラグが発生する。またその時の対応が心配。
・リラックスする場である自宅と就活のギャップで気持ちの切り替えがしづらい

オフライン

[メリット]
・手間はかかるが、直接会ってでしか伝えられない細かい人格を伝えられる。
・面と向かってリアクションを見ながら面接できること。
・自分の長所は伝えやすい
・立ち振舞いや表情が分かりやすい
・雰囲気などが伝わりやすく、話しやすい
[デメリット]
・緊張しすぎる可能性があること。
・お金がかかり就活生にとって負担が大きい(所得で機会に差がでる)
・わざわざ15分とかの面接のためだけに現地に行かなきゃなどで時間やお金が掛かる。

◼️新潟ベースからのコメント
オンラインによって金銭的・時間的コストを解消できる一方、リアルに企業の情報や空気感が理解できないという悩みが浮き彫りになった。
オンラインとオフラインそれぞれの長所・短所をこの機会に適切に役割分担し、オンライン環境の拡充を各企業が図ることで、学生・企業両者が納得のいく新しい就活のスタンダードが出来上がることが期待される。

現在の就活状況に近いものを選択してください

85.7%が、就活継続中
3月比較就活終了組は横ばい、内定率は10%上昇

赤、黄色は3.6%

◼️新潟ベースからのコメント
すでに就活終了は14.3%、継続中は85.7%。前回3月の調査とくらべて、、就活終了者はあまり増えていない。内定率は36.7%と前回の26%より10%上昇。3月は選考フローのストップにより、キャリア選択の幅を広げる、理解を深める機会が減少し、就活を思ったように進められない学生が多い様子。

現在の企業や就活支援機関に対する学生のリアルな要望

・最終面接までオンラインへ切り替える・延期にするなどの対応。
・説明会はできるだけオンラインで対応してほしい。質疑応答などがオンライン上でできるとありがたい
・直接お会いしたいという文言があると、コロナへの配慮がない印象から、どうしても志望度を下げたくなる印象がある。
・面接の間に希望者に対して社員面談の実施
・VRとは言わないので、社員さんと歩きながら社内見学をできるような目線の動画があるとうれしいです。
・オフラインにするなら交通費とマスクを支給してほしい。
・業務内容や職場環境(人間関係や雰囲気)が分かるような写真・動画
・わざわざ紙で履歴書書かせる理由が分からない(それで紙で書くようなとこならいいやと辞退するケースもある)
・キャリアパスのイメージを教えて貰えると助かります。
・オンラインへの切り替えをお願いしたいです。私は長岡に在住し、新潟市内の大学へ通っていたため新潟市内での就職を考えていますが、公共交通機関を使用するのは怖くてたまりません。なので、今現在家族に送迎が頼める日のみの就活となってしまいます。命あってこその未来です。賢明な判断をお願いしたいと思います

◼️新潟ベースからのコメント
オンラインの必要性が増し、、説明会や選考で対面接触される場合は、感染しない対応を徹底する必要がある。
また、明らかに企業のリアルな内面を知る機会が減っているのでそこを訴求できる採用ページ・動画、SNSの運用が必要不可欠である。しかし、在宅勤務が強いられているケースもあり、今から企業のリアルな内面を学生にお伝えすることは難しいのも現状である。一つアイディアとしては、企業単位で動くのではなく、企業間を越境して学生と向き合うことが挙げられる。コロナショックの影響で身動きが取れない、会社を守ることに必死な今だからこそ、企業同士が手を取り合い、協力して学生のまたは他企業の採用・就職活動を支援していくと言った“思いやりの心”が求められるかもしれない。新潟ベースでは、思いやりが生む新しい採用のスタンダードを先頭に立って切り開いていくつもりだ。

最後に・・・新潟ベースからの一言

現在、企業も学生にとっても身動きが取れない事態が続いております。
コロナショック、STAY HOMEの大号令…
そうすると学生にとっても企業にとっても「 早く就活終わらせたい! 」と確かにそう思うかもしれませんよね。
しかし、納得いく人材と出会う、企業と出会う、納得いく就活をするという点においては決して妥協できない、逃げてはいけない部分だと考えています。
今この未曾有の環境で、 何を選択しようとしているのか、 わたしの?わたしたちの幸せ?

その選択で揺れ動く感情に今一度向き合うことで、学生にとっても企業にとってみんなが幸せな採用・就活のあり方を一緒に作っていきませんか?

そこで、新潟ベースとして企業様にできることを用意しました。
4月17日(金)開催「オンライン合説in新潟」→ 詳しくはこちらから
参加企業、学生お待ちしております。
それ以外にも・・・
①学生にしっかり届く採用動画を制作いたします[一週間以内の納期可能]→詳しくはこちら
②学生視点満載の採用戦略・企画のサポートを実施します→詳しくはこちら


学生の皆さまも色々不安を抱えて大変だと思います。就活相談も承っておりますのでご連絡ください。相談希望は新潟ベース公式LINEよりご連絡ください。
公式LINEアカウント:https://lin.ee/qbKsZJv

<<お問い合わせ>>
担当:伊藤豪
TEL:080-9632-5050
MAIL:info@niigatabase.com