新潟大学発の学生への就活・キャリア支援、卒業生のキャリア支援を行う新潟ベース(事務所:新潟市西区坂井738-1バルガローレ103号室|代表伊藤豪 3月法人化予定)は、「新型コロナウイルスによる新潟県内学生への就活の影響調査」第1弾を、本日リリースしましたのでお知らせします。

◼️調査背景
新型コロナウイルスに関連した感染症により、被害に遭われた皆さま、不安な日々を過ごしていらっしゃる皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
現在、大学機関、人材会社主催の合同企業説明会が中止となり、企業、学生側からも身動きが取れないというご相談が相次いでおります。またオンライン説明会などに切り替える企業様も増えており、その活用方法などの相談も増えております。そのため、新潟県内学生の就活生の現状を可視化するため影響調査を実施いたしました。

◼️調査概要

  • 調査期間:2020年2月29日(土)~2020年3月1日(日)
  • 調査対象:新潟県内に在住の21卒就活生(新潟大学中心、新潟県立大学、新潟薬科大学、新潟医療福祉大学、法政大学通信課程)
  • 有効回答数:42件※3月2日以降のデータは後日公開します
    ※全体の42名と新潟中心、新潟以外中心で就活されている方をデータにて比較します
  • 調査方法:Web調査

これまで、コロナウイルスによる就職活動への影響はありましたか?

81%の就活生に影響、首都圏中心より新潟志向の学生に影響大

◼️新潟ベースからのコメント
81%の就活生に影響を与えています。特に首都圏中心の就活生よりも新潟県内就活もされている学生様に影響を与えているようです。

その影響はプラスですか?マイナスですか?

新潟志向の学生72%にマイナス影響、首都圏志向はプラス影響も

◼️新潟ベースからのコメント
全体学生の64%はマイナスな影響を受けています。しかしながら、首都圏就活をしている方の一部でプラス影響の方います。プラス面としてはWEB選考に切り替わった、交通費を支給してくれる企業が増えたためにむしろ就活環境がよくなった、という声が挙がりました。

上記の影響について詳しく教えてください。

◼️影響なし
・就活が進んでいるのでそこまで大きい被害では無い。強いて言うなら面接が全部Webに切り替わった事が影響を受けたことです。
・コロナウイルスが流行る前に就活終わってました就活を終えているため、影響は全くない早くに就活が終わったため影響はありません。その時点で切り上げられたのは運が良かったです。
・合同説明会や会社説明会が中止・延期となっているものが多い。ただ、志望企業の情報はインターンフェアで集めたり、インターンに行ったところも多いので、情報不足で不安を感じていることはあまりない。
・就活が終わった。今のところ影響はありません。というのも、既に選考を受けており、企業側からもオンライン面接で対応する旨を伝えられているためです。
・合説がないので自力で企業を探す必要があるが、合説分の交通費が浮く説明会がwebになった事で東京への交通費は浮いたが、実際に行けないので、良かったのか悪かったのかよくわからない。
・就活生の中で自分だけが受けられないわけではなく、皆平等であるため。

◼️マイナス(できる限りリアルな声を聞いていただきたいため多く掲載します)
・説明会が中止になった、合同説明会中止
・直接顔をみて話しを聞くことが出来なくなるため情報収集が困難になった。
・対面で話す機会が減ったことにより、会社の雰囲気や社員の雰囲気を直で感じることが出来ない。
・5月末まで就活を行う予定だったが、先の不透明な状況により、3月までに内定を頂いた企業に入社するように決断した。意思決定を早めた。
・予定されていた説明会が延期になった。
・地方から東京への往復の交通費や宿泊費キャンセル料自己負担。
・3月に自分が参加を予定していた説明会が全て中止になった。
・公務員模試の会場受験も中止になり、自宅受験のみでの実施となった。
・説明会がオンライン開催になり、移動のために予約していたバス料金が無駄になった
・新潟市内の会社の筆記試験の時にマスクをしてくるように連絡が来た。(女子学生からすると、メイクした後にマスクをすると、メイクが崩れるから困る)
・合説中止合同説明会や業務説明会が中止になり、仕事内容など詳しく知ることができなくなり、就活の視野が狭まった。
・参加する予定だった合同説明会が全てなくなった。
・合同企業説明会がなくなり、出会えたはずの知らない企業との機会が奪われたこと
・東京の企業見学エントリーの選考に含まれている説明会がなくなり、わかり次第連絡すると企業に言われるまたは、なくなりました。と言われるので今後の見通しが不透明な状況のところもある
・バイトが休みになって、収入が無い

◼️プラス
・上京する必要がなくなったため
・WEB面接を導入する企業が増え、東京に行かなくて済み金銭的に助かる
・首都圏での就活を考えていたが、オンラインで対応してくれる企業が増えたことで、新潟にいながら説明会や選考に参加できる。

オンライン説明会動画の最適な時間を教えてください。

説明会動画の最適時間は新潟志向は短め、首都圏志向は長め

◼️新潟ベースからのコメント
新潟志向、首都圏中心新潟以外志向の学生で大きく二極化してます。
新潟志向の学生は、15分未満を希望する学生と、15分以上を希望する学生と50:50という結果です。首都圏中心新潟以外志向の学生は76%以上が15分以上を希望しています。

オンライン説明会動画オンラインの説明会動画ではどんな情報を知りたいですか?(複数回答可能)

仕事内容が知りたいがダントツ

◼️新潟ベースからのコメント
エリア志向性によってそこまで差異は生じませんでした。実際の仕事内容や社員の雰囲気、求める人物像など、実際に自身が働いているイメージを掴める要素が上位となっております。

現在の就活状況に近いものを選択してください

88%が、就活継続中

◼️新潟ベースからのコメント
すでに就活終了は12%。継続中は88%となっております。エリア志向性によってかなりの差異があります。特に、早期選考が多い首都圏ではすでに内定出しを行なっていて、長期化を避けるため早めに就活を切り上げる学生もいます。全体としてはまだまだこれからが勝負という形です。

就職活動の開始時期を選択してください

エリア志向性によって就活開始時期が二極化

◼️新潟ベースからのコメント
エリア志向性によって差異があります。首都圏就活される方の大半は、3年の夏までに何かしたらアクションをしています。新潟就活をされている方は、冬からスタートという方も多くいます。

3月の就活の動き方を教えてください。
(リアルな声を箇条スタイルでお届けいたします)

◼️首都圏・新潟以外中心志向
・コロナウイルスの影響が収まるまでは自己分析とオンラインでのOB・OG訪問を重点的に行っていきたい。
・SPIや面接対策
・SPIの復習など
◼️新潟志向
・エントリーシートや履歴書に集中したいです。
・企業研究をし、選考も受け始めたいです。
・自己分析・企業研究の深堀り。
・面接対策、インターン参加、自己分析→説明会参加、筆記試験、面接ES作成
・自己分析や筆記試験対策
・公務員の筆記試験の勉強、民間の筆記試験の勉強、企業分析、面接対策をする予定です。

◼️新潟ベースからのコメント
正直、学生の動きは企業の動きによってかなり変化するため、企業の動きを注視しながらの就活が強いられます。基本は首都圏就活される方も上京頻度や滞在を控える傾向にあり、自宅就活が進む模様です。そのため自宅でできることとして、筆記・SPI試験対策・ES作成・自己分析に注力する傾向が多く見られます。

最後に・・・新潟ベースからの一言

現在、企業も学生にとっても身動きが取れない事態が続いております。
その中でもアクションを展開、または以前より変化に対応した採用活動をされている企業は逆にプラスの影響を受けているケースもあります。実際、変化に対応した採用活動を展開されている新潟県内の某メーカー様も今シーズンは採用好調とのことです。むしろプラスとは恐ろしいです。(不謹慎ではありますが)
一体、この差はなんなのでしょうか。
今回、状況調査をいたしまして改めて学生の、不安情勢が明らかになるものとなりました。さらにエリア志向によっての影響があることも読み取ることができました。だからこそ新潟県内就職を目指される学生に寄り添った採用活動・支援が必要とされていることを肌で感じました。

この変化・状況に対して新潟県内企業はどうアプローチしなければいけないのか、より自社が採用したいターゲットを明確にした上で早期に、採用戦略、ブランディング、手法、時期を検討する必要があるかもしれません。

この未曾有の局面だからこそ、しっかり学生に向いてアクションする企業、組織が学生に選ばれます。ぜひ積極的に学生に対してアクションを展開していきませんか?
そこで恐れながらのお願いですが、その際はぜひ何かしらの形でお供させてもらえませんか。
新潟ベースでは「新潟に、もっとやりたいを」をミッションに新潟に愛着をもつオトナを増やす活動を多く展開している間も無く法人化予定の組織です。ぜひ、学生に寄り添った採用活動をご一緒させてください。

新潟ベースとして企業様にできることもご用意してます。
①学生にしっかり届く採用動画を制作いたします[一週間以内の納期可能]→詳しくはこちら
②新潟ベースで運営しているスペースをお貸しします→詳しくはこちら
③学生視点満載の採用戦略・企画のサポートを実施します→詳しくはこちら


学生の皆さまも色々不安を抱えて大変だと思います。就活相談も承っておりますのでご連絡ください。相談希望は新潟ベース公式LINEよりご連絡ください。
公式LINEアカウント:https://lin.ee/qbKsZJv

<<お問い合わせ>>
担当:伊藤豪
TEL:080-9632-5050
MAIL:info@niigatabase.com